早い発見と治療で命を守る

痛みを感じたら即診察へ

病院

癌といえば、代表的なものは胃癌や肺癌、大腸癌、それから乳癌などが特に有名で、これまでに多くの人を恐怖させてきましたが、癌は他にもいろいろとあって、常に私たちの隙を狙っています。
たとえば、骨にできる癌というものもあり、これは骨肉腫と言われるもので、その名前はこれまでに幾度となく耳にしたことがあるのではないでしょうか。
この骨肉腫という骨にできる癌で一番怖いと思われるのは、この癌にかかる年代は統計的に10代から20代が圧倒的に多いという事実です。
どんな癌でも早期発見と早期治療というものが有効で、骨の癌であるこの骨肉腫にもそれは大いにあてはまり、骨に普通ではない異常を感じたら、すぐに病院で検査することが大切です。
骨肉腫の特徴なのですが、普通、骨に痛みが出るのですが、その痛みはそれほど劇的な痛みではなく、多くの場合、我慢できないようなものではないそうです。
しかし、進行が進むにつれ、歩いているときや休んでいるときにも、患部が痛くなり、時には熱をもったり腫れあがったりします。
こうした骨肉腫は、昔ならば不治の病と大変に恐れられていたものなのですが、今は医学の進歩で7割以上の患者を助けることができるようにまでなりました。
この癌が発生する時期が多いのはまだ若い年代なので、多少の痛みなら単なる筋肉痛だと勘違いして、放置される場合が多いこともあります。
検査の方法ですが、これは癌検査の基本とも言えるX線検査が最初に行われ、必要に応じて血液、CT、それからMRIなどの検査が行われます。
くどいようですが、早期の発見で早期の治療ならば、その完治する確率はぐっと上がるわけですから、早めに医療機関での診察が必要です。

骨だけではありません

ナース

がんの中にはいろいろなものがありますが、その中で骨肉腫というがんがあります。
その名の通り、骨に起こるがんで比較的若い年代の人に起こりやすいといわれています。
そして、7割が20代以下という調査結果があり、特に男性に多いです。
ちなみに、すねや太ももなど膝周辺の骨にできることが多く、約6割がその部分に発生しています。
発症したときの症状としては、運動中など少し痛みを感じる程度で甘く見ている人が多いです。
特に、20代以下の人は部活なども行っているため、トレーニングで傷んでいると勘違いをしてしまいます。
しかし、骨肉腫も初めは違和感を感じる程度であり、注意しないといけない点が成長が早いという点です。
腫瘍ができてから二週間から一か月ほどで倍の大きさになります。
そのため、できるだけ早く以上に気づき、治療を開始することが重要です。
ちなみに、以前は他の部分を守るために手足を切断しなければならないという時もありましたが、現在では治療方法の発展によって切断しなくても治療ができるようになっています。
特に、抗がん剤での治療が進められますが、ステージに応じて外科手術をして腫瘍を取り除くことも行います。
治療を進めるうえで、他の臓器などに転移をしないように細心の注意を払って進められています。
特に、骨肉腫はリンパ節や肺などに転移しやすいため、しっかりとレントゲンや血液検査などをおこない術後を見なければなりません。
そのため、基本的には、抗がん剤で骨肉腫が成長するのを押さえることが必要です。

素人判断は危険がともなう

ハート

子供の怪我は元気である証拠、という考え方が昔からありますが、実はこの考え方には大きな危険がともなうことが多々あります。
昔ならこうした考え方が当たり前のようにどこの家庭でも言われていましたが、現代では様子がかなり変わってきているのです。
たとえば何かスポーツをやっているお子さんなら、足や腕を打撲するということは日常茶飯事なこととして、特に心配して病院へ連れていくということはないでしょう。
しかし、現代にはびこる重大な病気の一つに骨肉腫という恐ろしい病気もあることを、けっして忘れてはいけません。
この病気は骨の癌であると言われ、その大きな特徴は初期症状というものがあまり感じられないという点です。
お子様の軽い痛み、特に足や腕の関節付近の痛みには充分に気をつけたいもので、骨肉腫の初期の症状は、この部位に出ることが多いのです。
骨肉腫という病気の発生率というものはそれほど高いものではないのだけれど、子供にもっともかかりやすいという事実があります。
子供は特に重大な病気には興味はなく、知識も少ないということもあり、多少の痛みは筋肉痛か軽い打撲だろうと決めつけて放置する場合が多いです。
この骨肉腫という骨の癌で一番怖いのは、他の癌などと同じく、体の他の部位に転移してしまうことがあるという点です。
一番多い転移先は肺ということで、この部位に転移したらかなり大事になってしまいますから、骨肉腫には本当に注意したいです。